乗務員の八戸一言PR

「乗務員の八戸一言PR」  

八戸タクシー乗務員から、「八戸一言PR」を募集しました。 「八戸市」を「八戸タクシー乗務員」が紹介致します。

○「海の街、八戸です」

○「蕪島に来て!」

○「新、旧を短時間で見る事ができる八戸市です」(工場地帯もあれば、遺跡、城跡、まで)

○「秋、冬、にかけての舘花漁港に並んでいるイカ釣り船の明かりは綺麗です」

○「陸奥湊前の市場は、楽しめます」

○「県内唯一の国宝、鎧、兜をご覧あれ」

○「八戸公園では、お子様連れで安く遊ぶことが出来ますよ。どうぞいらっしゃい」

○「三社大祭は見事です、一見の価値あり!」

○「義経伝説を知っていますか?」

○「八戸港観光遊覧船をお薦めいたします」

○「市内30箇所の温泉と、パチンコ店はいかがですか?」

○「博物館に行ってみよう」

○「新八温泉でのんびり出来ます」

○「少し走って、福田温泉はいかがですか?」

○「八食センターをお楽しみ下さい。」

○「うに丼、ラーメンetc」

○「菊花漬は、地元の隠れた名物です」

○「白銀温泉は軟水のお湯です。混んでいるけどお薦めです」

○「うに丼 と イカ刺し 美味いぞ!」

○「魚が美味しい街です」

○「いちご煮」って、苺を煮ておりません。「うに」と「あわび」を煮たものです。

○「葦毛崎展望台にあるホロンバイルのソフトクリームは美味しいよ」

はい、「八戸タクシー乗務員」からの、「八戸一言PR」でした。
さあ、2002年12月に東北新幹線「はやて」がやってきました。
初めて八戸駅に降り立った人は、「え?ここが八戸なの?街がないよ!」と驚く事と思います。
そう、八戸駅は中心街から離れています。
車で約15分くらいでしょうか。
八戸駅は、明治29年に開業したそうですが、その前の明治19年にコレラが大流行した事があって、市街地を鉄道が走ると疫病が流行るという迷信があったらしいのです。
その迷信のために離れた場所に駅が出来たそうですよ。
新幹線で八戸を訪れましたら、市内までの10数分間、こんな会話で楽しめることでしょうね。

八戸タクシーでは研修会を行なっています

◆以前、八戸タクシーでは全社員を対象にして「下北地区観光現地研修会」を行ないました。
六ヶ所原燃PRセンターから始まり、下北半島をほぼ一周。
ガイドさんの先生に添乗して頂き、猛勉強!?何しろ、食事の前にテストして、間違えるとご飯の「おかず抜き」ですから・・・?